一人暮らしをきっかけに、WiMAX2+やYモバイル、docomoやau、softbankなどのモバイルルーター、光回線と『どんなときもWiFi』を比べた結果、『どんなときもWiFi』を使ってみることに!

一人暮らしのネット環境で『どんなときもWiFi』が最強か試してみた!繋がりやすさや速度の口コミは?

データ無制限・4G回線使い放題のどんなときもWiFiを使ってみた
こんにちは。

つい最近、一人暮らしを始めたCOCOと申します。

今までは実家暮らしで、家では光回線、外ではスマホオンリーだったのですが、一人暮らしをきっかけにネット環境を考えることに。

というのも一人暮らしだし、固定回線でなくどこでも持ち運べるモバイルルーターの方がお得なんじゃない?って思ったんです。

モバイルルーターなら、外でも気兼ねなくネット出来るし、スマホのデータ量も節約できるしと思い、あれこれ探して見つけたのが『どんなときもWiFi』というモバイルルーター。

このブログには、私が『どんなときもWiFi』に決めるまで、色々調べたことや実際の使い心地を書いています。

このブログに書いてある内容をさっくり言うと?

  • 『どんなときもWiFi』は、安い!早い!どんな場所でもOKだった!
  • 『どんなときもWiFi』のデメリット
  • 『どんなときもWiFi』と固定回線を比べた結果
  • 『どんなときもWiFi』とモバイルルーターを比べた結果

『どんなときもWiFi』というのは、2019年3月に開始になったばかりの新サービスなので、私もまだ使い始めたばかり。

ですのでもし今後使っていく中で、なんらか問題が出るようなら都度追記しておきますが、接続の調子も速度も今のところ、問題なく快適に使ってます♪

『どんなときもWiFi』ってどんなサービス?

どんなときもWiFiってどんなサービス?
さて、ざっくりと『どんなときもWiFi』を説明すると、月額3280円でネットが使い放題、場所を問わずにどこでも繋がるモバイルルーターです。

ちなみにモバイルルーターというのは、モバイルWiFiルーターやポケットWiFiなんて言い方もしますけど、要するに持ち運びのできる通信機器で、これがあればパソコンやiPad、スマホ、ゲームなどでインターネットを楽しむことができます。

私の場合でいうと、今まで実家暮らしのときには家族で使っているので固定回線が必要でしたが、一人暮らしなら使うのが私だけなので、コストや使い勝手さえ合えば、持ち運べるモバイルルーターの方が便利だと思ったんです。

結果、WiMAX2+やYモバイル、docomo、au、softbankのモバイルルーターや固定回線と比べて、値段も安かったし、外でYouTubeやアマゾンプライムの映画もデータ量を気にせずに見れるようになったので以前よりも快適になりました。

前はスマホのデータ容量をオーバーして、追加でデータを購入することもしょっちゅうあって何気にストレスになってたので、どこでも気にせずネットが出来るのってこんなに快適なんだと変えてみてわかりました。

『どんなときもWiFi』のポイント

  • データ量が無制限で使い放題!
  • (極端な使い方をした場合は、速度制限を受けることもあります。といってもサポートに確認したところ、目安として1TBほど使わない限りは制限を受けることはなく、通常の利用範囲であれば速度制限にかかることはなく、例えば、一日オンラインゲームや動画視聴をしたとしても制限されることはないそうなので、安心です)

  • docomoやau、softbankの4G回線(4GLTE)を使ってるから、対応エリアが広い!
  • (ビル内でも電車でも地下でも、いる場所によって一番強い電波に自動で切り替わります。自分で回線を切り替える手間は一切ありません)

  • 月額3280円(税抜)の低コスト
  • (スマホやモバイルルーター、光回線の料金プランは最初だけ安いとか、実質いくらとか結局わかりにくい会社が多いですけど、『どんなときもWiFi』は料金プランが一択でわかりやすい!)

  • 海外OK!世界107ヶ国で使える
  • (海外の場合は別途料金が発生しますが、わざわざレンタルしなくてもそのまま使えるのは手軽。使った日数分だけしか料金は発生しないので、一応持って行って使わないのもアリですよね。)

  • 平日13時まで、土曜11までの申し込みで即日発送!すぐに使える!
  • (思い立ったときにすぐに申し込みできて、届いたらすぐに使えるのはいいですよね。これが固定回線だと、回線の工事日を決めないといけないので時間もかかるし、その分時間もとられますから)

データ容量無制限!速度制限が無いので動画見るならかなりオススメ!

『どんなときもWiFi』のサービス・対応エリアやネットワーク状況に関するツイッターの口コミ

じゃあ、『どんなときもWiFi』にはデメリットはないのかというと・・・

じゃあ、どんなときもWiFiにはデメリットはないのかというと・・・
『どんなときもWiFi』のポイントを並べていくと、なんだか完全無欠、欠点なしの最強説っぽくなってしまったので、一応デメリットも挙げておきます。

デメリットというか、契約前にちゃんとチェックしておこうね程度の点なので、公式サイトを隈なく読むとわかりますが、意外と読むのも時間がかかるので、さっくりデメリットだと私が感じるものをまとめておきます。

もしもここに書いてある以外で、何か気になることがあれば『どんなときもWiFi』の公式サイトを開くと、すぐにチャットで質問できるのでそこで聞いてみると早いです。

他のレビューサイトには、サポートになかなか繋がらないと書いてあるブログもありましたが、私が聞いたときには即レスですぐに疑問は解消できましたよ。(もしかして時間帯によるかも知れません)

では、『どんなときもWiFi』のデメリットを説明しますね。

『どんなときもWiFi』のデメリット

  • 短期利用はできません
  • (正確にいうと解約手数料を支払えば出来ますが、2年契約なので入院や旅行、引っ越しで固定回線を引くまでなど短期間の利用の場合には向いていません)

  • 2年契約
  • (『どんなときもWiFi』は、キャリアのスマホと同じく2年毎の自動更新。更新月以外に解約をしたいときには、別途解約手数料がかかります。解約手数料⇒0〜12ヶ月:19,000円(税抜)13〜24ヶ月:14,000円(税抜)25ヶ月目:0円26ヶ月〜:9,500円(税抜) ただし現状、ほとんどのモバイルルーターや固定回線の契約は、2年、3年など契約期間の縛りがあるので、『どんなときもWiFi』だけのデメリットというわけではないですね)

  • 端末は返却しないといけない
  • (『どんなときもWiFi』の端末は、レンタルのみです。契約を解除した翌月の5日までに返却が必要。とはいえ、レンタルされる端末は全て新品なのでご安心を!)

『どんなときもWiFi』のデメリット・2年契約縛りに関するツイッターの口コミ

私が光回線よりも『どんなときもWiFi』に決めたワケ

私が光回線よりもどんなときもWiFiに決めたワケ
元々、一人暮らしをする際に光回線よりもモバイルルーターにしようと思っていたのは、冒頭に書いた通りなんですけど、ちょっとだけ心配だったのが、それまで実家の光回線で快適なネット環境で過ごしていた私が、モバイルルーターで満足できるのか?っていうこと。

実家では、auひかりを使っていて何の不自由もなくゲームやYouTube、アマゾンプライムの映画を見ていましたから。

光回線よりは遅いだろうけど、実際に『どんなときもWiFi』で使っている回線は4Gだしなとも思ったので、その辺の心配については『どんなときもWiFi』のサポートに確認してみました。

実際に確認したのが以下の内容になります。

光回線と比べて、通信速度は遅いのでしょうか?

A : はい、弊社サービスはポケットWiFi通信サービスであり
光などの固定通信サービスと比較した場合、速度は劣るかと存じます。

オンラインゲームやオンデマンドで動画を見るとして、不具合は、光回線と比べてありますか?

A : 弊社サービスの通信速度であっても
オンラインゲームや動画視聴など快適にご利用が可能でございます。
ただし、複数回線にて多量のデータ量を同時に使う場合などは
通信速度に影響が出る可能性があることを予めご理解いただけますと幸いでございます。

つまり私のネットの使い方(動画視聴、ゲーム、SNS、ネット閲覧)なら、光回線から切り替えたとしてもノーストレスで出来るということですし、おまけに今までと違って外でもネットができるようになったので、かえってネット環境の質は上がったかなというのが、実際に『どんなときもWiFi』に変更してみた今の正直な感想です。

(ただ電車で動画に熱中しすぎて、乗り過ごしてしまったことが2回ほど・・・気をつけねば(笑))

それともうひとつ、光回線と比較したときのコストについてですが、光回線の大体の業者がマンションタイプで3000~4000円程度。

『どんなときもWiFi』が月額3280円ですから、『どんなときもWiFi』の方が少し安いくらいの印象でしょうか。

例外として光回線の場合、キャッシュバックキャンペーンを利用して実質〇〇円!と結果的に安くする方法もあるにはあります。

でも調べてみると、このキャッシュバックのシステムが相当使いづらいんですよ。

まず光回線を開通してすぐもらえるワケではなく、業者によって〇ヵ月先、1年先などバラつきがあり、期限内に連絡メールに気が付かなければもらえなかったり、必要書類を出す時期が決められていたり中々ハードルが高い!

どうひいき目に見ても、これ絶対にキャッシュバックする気ないなってサービスの悪さなんですよね。

なのでもし、キャッシュバックで光回線を申し込むなら、リマインダーなりスケジュール帳なりで、キャッシュバックの手続き期限はお忘れなくです。

話がずれちゃいましたけど、私が光回線よりも『どんなときもWiFi』に決めた理由はこんな感じです。

光回線より『どんなときもWiFi』に決めた理由

  • 毎月の料金が安い
  • YouTubeやゲームなど、私がネットを使う用途で問題なく利用ができる
  • 外出先でも容量無制限でネットができる
  • LANケーブルなどの配線がいらないから自宅がスッキリする
  • スマホのデータ量の節約ができる
  • (スマホの契約しているデータ量を1GBに減らしました)

私が他のモバイルルーターよりも『どんなときもWiFi』に決めたワケ

私が他のモバイルルーターよりもどんなときもWiFiに決めたワケ
さて、最後に私が数あるモバイルルーターの中で『どんなときもWiFi』に決めた理由をお話しますね。

私が『どんなときもWiFi』に決めた理由は、1ヶ月で使えるデータの容量や速度、生活範囲内で電波が繋がりやすいか、月々の料金などが決め手でした。

特に私は一人暮らしをする自宅でも外でも使用するので、毎月3280円でデータ容量無制限の使い放題は最大の魅力。

しかも、トリプルキャリア(docomoやau、softbank)の回線を、そのときにいる場所によって最適なものを自動で選んでくれる優れもの。

今回モバイルルーターを探すにあたり、WiMAX2+やYモバイル、各キャリアのモバイルWi-Fiルーターも比べてみましたが、契約プランによって上限のデータ制限があったり、電波の繋がりやすい場所にもバラつきがあったんですよね。

なんですけど、『どんなときもWiFi』はdocomoやau、softbankのどの回線も使えるから、広いエリアで利用することができる。

唯一他社より劣ってるかな、と調べて思ったのが通信速度なんですけど、それすらも高画質の動画を視聴したい!ゲームがしたい!という一般的な利用法なら問題なかったです。(『どんなときもWiFi』の通信速度は、下り最大150Mbps、上り最大50Mbps)

他社(WiMAX2+やYモバイル、docomoやau、softbank)の場合、もっと速度が速いモバイルルーターもあったのですが、別途契約が必要だったり、エリア限定だったりして実際に使った体感的には、『どんなときもWiFi』の方が電波が安定していて良いというようなツイッターの口コミを見かけました。

(私は実際に使い比べてないので何とも言えませんが、今のところ映画を見たり、アクション系のオンラインゲームで遊んでも特に不具合を感じたことは一回もありません!)

他社より『どんなときもWiFi』に決めた理由

  • 毎月の料金が安い
  • データ容量が無制限でLTE回線が使い放題
  • docomoやau、softbankの4G LTE回線なので、どんな場所でも電波が繋がりやすくて快適!

WiMAXやポケットWi-Fiから、『どんなときもWiFi』に切り替えた人のツイッターの口コミ

データ容量無制限!速度制限が無いので動画見るならかなりオススメ!

更新日:

Copyright© 一人暮らしのネット環境で『どんなときもWiFi』が最強か試してみた!繋がりやすさや速度の口コミは? , 2019 All Rights Reserved.